新着情報

大阪ダービー!!世代交代のガンバ制す!!

両チームのスタメンは下図だ。

【ガンバ大阪】

【セレッソ大阪】

大阪ダービーを得意とするガンバ大阪が、試合内容も圧倒し、勝利!!
ガンバ大阪は驚きのスタメンだ、チームの流れを変える世代交代!!
遠藤保仁、今野泰幸をベンチにして、4-4-2の中盤に矢島慎也(25)、高江麗央(20)、小野瀬康介(25)をおき、ディフェンスには三浦弦太(23)、高尾瑠(22)、福田湧矢(19)と若い選手を軸にこの大事な1戦に望んだ。いや、ガンバ大阪は、大阪ダービーというより、ここで負けると最下位となってしまう絶対に負けられない試合だ。

セレッソ大阪は中堅が中心のチームと言ったところか。。。柿谷曜一朗、清武弘嗣、ソウザとスター選手がいる中で、柿谷曜一朗、ソウザをベンチにして水沼宏太、藤田、と中堅選手を軸としたスタメンを選択した。

正直、セレッソ大阪が優勢かなと思っていたが、アデミウソン、ファンウィジョのツートップを攻撃の起点とし、若手で攻勢されたディフェンス、中盤がハードワークしてゲームをコントロールしていた。その中で、後半、高江、高尾とつなぎ、最後にベテランの倉田がシュートを放ち、先制点
この先制点を守りきり、ガンバ大阪が勝利を収めた。

このダービーを若手選手軸で勝てたのは、自信に繋がったのではないかと思う。一方、C大阪は痛い黒星になった。攻撃の形が全く見えない。そして、J2時代からチームを引張てきたソウザが途中出場したものの、全く機能しなかった。
この試合だけを見たらガンバ大阪の方がセレッソ大阪より順位が上に行くだろう。