新着情報

2019シーズン ヴィッセル神戸 戦力分析

f:id:bochin:20190217194618p:plain

f:id:bochin:20190217194633p:plain

戦力図
攻撃力 :★★★★★
守備力 :★★★★☆
層の厚さ:★★★★☆
組織力 :★★★☆☆

昨シーズン途中からイニエスタの加入が決まって注目されたが、あまり成績は良くなかった。正直、ポドルスキがキャプテンで自己犠牲のプレーができていなく、攻撃面では厚みがなく、守備面ではファーストディフェンスのプレッシャーを全くかけられていなかった。イニエスタが加入して素晴らしすぎる繋ぎ役を我々に魅せてもらった。しかも得点に絡むプレーが多かった。彼は日本のサッカーに合っていると思う。

今シーズンは、なんと言ってもビジャの加入だ。年齢が37歳ともう全盛期を過ぎている中でどのくらいできるのかあまり期待できない。むしろ、山口蛍、西大伍を獲得できたのはほんとにでかい。昨年、アンカーシステムを採用したが、ディフェンダーの伊野波が任されていた。守備、ポシショニングは良かったが、攻撃時の展開力は少し物足りなかった。その部分は、代表でもプレーしていた山口蛍の獲得はチームの安定感と攻撃の機転をもたらすだろう。年俸は他チームより群を抜いているが(イニエスタがほぼか)、外国人選手がどれくらい頑張れるか、またイニエスタ不在時にどんなサッカーをするのか、で上位に行けるかかわる。

優勝は無理かな。。。